顎関節症とは


日本顎関節学会は顎関節症のことを、「顎関節や咀嚼筋の疼痛、関節(雑)音、開口障害、ないし顎運動異常を主要症候とする慢性疾患群の総括診断名であり、その病態には咀嚼筋障害、関節包・靱帯障害、関節円板障害、変形性関節症などが含まれる。」と定義付けしています。

簡単にいうと、顎関節症とはあごやあご周りに関係する不調や違和感、不快感などの慢性的な疾患のことです。ひとくちに顎関節症といってもその症状はさまざまです。中でも、あごの関節が鳴る、口を大きく開くことができない、あごの関節が痛む、の症状は顎関節症の三大症状と呼ばれています。

顎関節症を引き起こす原因は未だはっきりとはわかっていませんが、その一因に生活習慣が挙げられています。頬杖やうつ伏せ寝など日常何気なくしている習慣が顎関節症の一因になっているのです。

モノを食べる時、片方の歯だけで噛んではいませんか。
偏った咀嚼方法もまた顎関節症の原因のひとつと言われています。
または歯ぎしりや歯を強く食いしばる癖も顎関節症の原因のひとつです。
他にストレスや噛み合わせの悪さによっても顎関節症が引き起こされる場合があります。

顎関節症の治療

こんなに怖い顎関節症

顎関節症を治療する

ピックアップ

顎関節症の治療を東京で探すなら「新宿デンタルオフィス」
顎関節症の治療を東京で探すなら「新宿デンタルオフィス」
顎関節症の治療を受けるなら新宿デンタルオフィスがおススメです。審美も矯正も行っているので、噛み合わせという機能面だけでなく見た目の美しさも同時に考えて治療してくれます。安心して治療を任せることができますよ。
噛み合わせが悪いならご相談ください【新宿デンタルオフィス】
噛み合わせが悪いならご相談ください【新宿デンタルオフィス】
噛み合わせの悪さでお悩みなら「新宿デンタルオフィス」がおすすめですよ。なんといっても顎関節症専門である住友院長の実績が豊富なので、安心してお任せ出来ます。噛み合わせが悪いと体にも不調が現れてきますので、気になる方はまずお問い合わせをおすすめします。

新着情報

コメントは停止中です。