顎関節症に対してはどんな治療を行っていくのか


顎関節症の治療にはさまざまなアプローチがあります。
顎関節症の原因が噛み合わせの悪さの場合は、歯科的アプローチが必要です。

この場合は根本原因である噛み合わせを正しくしないことには他のどんなアプローチをもってしても顎関節症の治療は期待できません。歯を削ったり、反対に高くしたりして噛み合わせを調えます。歯列矯正を行い歯並びと噛み合わせをよくすることで症状の改善が見られます。

あごそのものに原因がある場合は、あごへの治療が必要です。
スプリントと呼ばれるマウスピースのような装置を歯の上に被せる方法があります。
スプリントがあごを固定するので、歯ぎしりや食いしばりの癖がある方の顎への負担を減らすことができます。スプリントの装着は頻繁に行われる治療方法ではありますが、顎関節症の根本的な治療にはなりません。しかし現状の悪化を防ぐという意味では高い効果があります。

整体やマッサージで顎関節症を治療する方法もあります。
あご関節のずれを整体で治すのです。
また整体には顎の歪みからはじまって起こった全身の歪みを改善する効果も期待できます。

カテゴリー: 顎関節症を治療する パーマリンク

コメントは停止中です。

他にもこんな関連記事があります

    None Found