スクワランは漢方では鎮痛の特効薬「鮫玉」


スクワランは、実はすでに漢方薬で「鮫玉」として使われていました。最近では健康食品でカプセルタイプのものが売られています。鎮痛、細胞の申請・修復、免疫力向上、自律神経を整える、併用している薬の効果を補助する、ホルモンバランスを整えるなどのたくさんの効果があります。どんな人にも使えるので、安心です。

原料はスクワランと同じ鮫の肝油ですが、スクワランというのは実は鮫の肝臓にある「スクワレン」という物質を精製した後の名前です。スクワレンは酸化しやすいので、スクワランとして加工しなければ長持ちしないのです。

鮫玉は、スクワレンをそのままカプセルの中に入れて服用することになります。
昔、今ほど食料が豊かでなかった頃は、子供に「肝油」を飲ませて栄養補給させていたそうです。サプリメントのカプセルならにおいも気になりませんし、飲みやすいので続けやすいようです。高血圧やコレステロール、血糖値の減少のために鮫玉を愛用する人も多いそうです。

カテゴリー: 「スクワラン」様々な活用法 パーマリンク

コメントは停止中です。

他にもこんな関連記事があります

    None Found